シルデナフィルの作用

今やED治療薬(勃起不全)の代名詞として広く認知されているバイアグラですが、試したことがある方でしたらその効果は言わずもがな。
これまで勃起不全に悩まされてきた人の大いなる希望となったことは言うまでもなく、公表された当時は夢の薬とまで言われていました。
そもそもバイアグラは狭心症の薬を開発中に見つけられた偶然の副産物です。
というのも、バイアグラの成分であるシルデナフィルは当時、狭心症の薬として開発されており、その効果を裏付けるため大規模な臨床実験が日々繰り返されていました。
多岐にわたる臨床実験の結果、狭心症でのシルデナフィルの効果は期待を大きく下回る結果となり実験は中止を迎えますが、多くの被験者がその薬を返還しなかった。不審に思った製薬会社が被験者に聞いたところ、勃起効果があることが分かり1998年に意図せぬ形でED治療薬バイアグラが発売となったのです。
これが偶然の副産物と言われる所以です。
それから数年、いまでは多くのジェネリック医薬品が登場しています。
ではジェネリック医薬品とは何か?そもそもジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、先発薬とされる医薬品の有効成分や効能はそのままに、先発薬よりも安価で購入できることから、多くの人がジェネリック医薬品を買い求め、多くの製薬会社がジェネリック医薬品を製造するようになりました。

そういったジェネリック医薬品人気に乗じて、本家、つまりバイアグラの生みの親であるファイザー社からもついにシルデナフィルとよばれるED治療薬のジェネリック医薬品が登場します。
これは後発医薬品を利用する人たちが増え、もっと安価で提供して利用者のイニシアチブを確保しようとするファイザー社の戦略のようなものも垣間見えるが、やはり本家が満を持して発売する後発医薬品であるわけで、前評判も高く、多くのED治療薬を求めている人たちの夢の薬として期待が高まっています。

今後この夢の薬を超える新薬が現れるのか、医薬品の新たな進歩に期待したい。