夢のバイアグラ

【1998年に世界で初めて誕生したED治療薬】
世界的に有名な製薬会社である「phizer」が開発した勃起不全を解消できる「バイアグラ」。
この薬の誕生まで勃起不全を治療することは難しく、誕生した当時は"夢の薬"として世界中にその噂は広まりました。
日本も例外ではなく、「服用してみたい!!」と考える人が続出し、個人輸入によって薬を取り寄せ服用する人が後を絶ちませんでした。
当然、医師から薬の説明がないまま服用しているので誤った服用によって健康被害も出ました。
特に、今でも併用を固く禁じられているニトログリセリンなどの「硝酸剤」との併用を行ってしまい心肺停止に至る例も数列ありました。
また多くのニセモノや粗悪品が出回り、このままでは多くの健康被害が起こると考え、国内では臨床試験をせず1年という異例のスピード承認がされました。
なので国内では1999年から病院での取り扱いがスタートしています。
処方用量には、25mg/50mgがあり、それぞれ1300~1500円が1錠の価格になります。
ちなみED治療薬は保険の適用を受けることが出来ないので、本来の3割負担ではなく、診察から薬の処方まで全て自己負担となります。
これは日本全国どこの病院に受診しても変わらないので、予め余分に費用を持っていくのがオススメです。

【バイアグラにはどんな効果があるの??】
成分は?シルデナフィル"になります。
実はもともとこの成分は「肺動脈性高血圧症」を治療する際の血管拡張剤として開発されたもので、現在でも「レバチオ」という薬の成分に使用されています。
勃起不全は「血液の流入不足」が原因とされているので、シルデナフィルは血液の通り道を拡げる役割を果たします。
血管が拡張されると、刺激や興奮を催したりすると一気に血液がペニスに向かっていくので、立派な勃起状態を起こすことができます。
また作用時間は50mgで最大6時間あり、短時間作用になるので薬の切れが良いのも特徴となります。

【バイアグラに副作用はあるの??】
血流が良くなることで以下の様な副作用症状が現れます。
・ほてり
・紅潮
・頭痛
・目の充血
これらは、ED治療薬を服用した男性の90%に見られる症状となり、ほとんどの人に起こります。
重い副作用の前兆とはならないので安全に使用することができます。